水素水の最新知識 アンチエイジング・美肌・抗活性酸素効果と活用法

高濃度水素水は人工的に作られています

「奇跡の水」がその場所でないと効き目がないのは、含まれている水素がすぐに消えてしまうからです。人工的に作られる高濃度の水素水の場合も、製造するのは簡単ですが、いかに水素濃度を持続させるか、ということが重要な要素になります。

 

前回の記事では「奇跡の水」といわれる「天然水素水」にふれましたが、水素を高濃度に含む水を、人工的に作ることが出来ます。
限界近くまで濃度に水素を含ませることが出来ますから、人工的に作った水素水の方が「奇跡の水」より「質」的に高いといえます。

 

水素は地球で最も小さな元素であり、軽いので、あらゆるものを通り抜けてしまいます。
天然の水素水は取水した直後は水素を多く含んでいても、すぐに消えてしまうのです。

 

「ルルドの泉」などの「奇跡の水」が、その場所でしか効き目がない、というのもこのような理由からです。「天然水素水」とうたって販売されている水を、水素溶存を調べる試薬で試験すると、まったく反応しないそうですが当然ですよね。

 

「水素水」は「どのような容器に保存しておくか」という事がとても重要な要素になります。

 

水素水の製造法により、含まれる水素自体に違いはありませんが、厳密にみると水素以外の物質が発生する、という製造法もあります。

 

 

 

 

 

高濃度水素水は人工的に作られています。関連ページ

市販されている水素水の製造法
市販されている水素水の製造法とそれぞれの特長について
自分で水素水を作る方法
自分で作る水素水でも効果あるのかな? 生成法の違いとは?