市販されている水素水の製造法

スポンサードリンク

市販されている水素水の製造法

「水素水」の製造法には4通りあります。市販されている水素水は《水素ガス混入方式》《電気分解方式》です。管理人の体験では、《水素ガス混入方式》の水素水は原水に天然水を使ったものが多く美味しいです。(原水に純水を使ったもの等もあります。)

 

 

  • 《水素ガス混入方式》

人工透析膜などの特殊な膜を活用して高圧をかけ、ナノバブルとか、マイクロバブルと呼ばれる非常に細かな泡を、水に溶け込ませます。各地の名水に水素を溶存させた商品があります。
この方式は高濃度の水素を溶存させることが出来、加工された水素水はアルミボトルや、アルミ製のパウチ容器に充填されます。
容器の違いは「飲みやすさ」や「保存のしやすさ」等ありますが、水素水に関して最優先すべきなのは「水素が逃げにくいかどうか」です。
詳しくはこちらの記事
⇒ 市販されている水素水の選び方

 

  • 《電気分解方式 A》 (アルカリ還元生成装置ともいわれます。)

ブラスマイナスの2極の分解方式で
・ブラス極側に酸性水
・マイナス極側にアルカリイオン水
が生成されます。このアルカリイオン水に水素が含まれます。
つまり、アルカリイオン水=水素水 です。

 

   《電気分解方式 B》
水を入れた容器に陰極を沈めて、水を電気分解して、水素を発生させます。
水のPHは中性です。

 

 

 

《補足》
次の製造法は市販の水素水の製造法ではありませんが、ついでに記載しておきます。

  • 《個体セラミック方式》

マグネシウム・亜鉛・シリカ(二酸化ケイ素)・サンゴカルシウムなどを含むものを焼成したものを、水に浸し化学反応により水素を生成させます。

 

  • 《個体ミネラル方式》

いくつかのミネラルと水の化学反応で水素を発生させる方式です。
水素サプリはカプセルに入れた水素発生剤が身体の中の水分と反応して水素が発生しますが、これと同じです。
「アキュエラ水素水7.0ppm」がこの方式です。

 

 

スポンサードリンク

市販されている水素水の製造法関連ページ

水素水の製造法
高濃度に水素を溶かした水素水は、保存容器が重要なポイントです。
自分で水素水を作る方法
自分で作る水素水でも効果あるのかな? 生成法の違いとは?