テレビ番組・週刊誌で紹介された水素水の効果とは

驚くほど多彩な「水素水」の効果

水素水の効果は非常に多いですが、これらは「老化・病気」などの悪影響を及ぼす「活性酸素」を除去する水素の抗酸化物質としての作用によるものです。
水素は、ベータカロテン・カテキン・キトサン・ポリフェノール・ビタミンCなどの抗酸化物質と比較して、安全で、しかも能力が高いのです。

 

■ アンチエイジング効果 
「老化」と「疾病」のメカニズムが明らかになり、体内から「活性酸素」を除去する「抗酸化物質」が「アンチエイジング」と「疾病予防」の鍵だとわかりました。水素はこれまで明らかになった、ベータカロテン・カテキン・キトサン・ポリフェノール・ビタミンCなどの抗酸化物質と比べると、安全で、能力が高く、身体のあらゆる部位に届きます。

 

■ 新陳代謝が活発になる
アンチエイジングとも関連しますが、若々しい身体は「新陳代謝」が活発に行われて、細胞間の物質交換がスムーズに行われているからこそなのです。ストレスや活性酸素が増えると新陳代謝が悪くなります。水素で活性酸素を除去できると新陳代謝が活発になります。

 

■ 脂肪燃焼効果〜冷え症改善〜
水素水入浴(水素を多く含むお風呂での入浴)は、皮膚から吸収された水素が10分後には全身を巡ります。すると血流がよくなり、体温が上昇し、汗が出やすくなります。脂肪燃焼が促進されてダイエット効果が増し、冷え症の解消にもなります。

 

■ 疲労物質の除去〜疲れにくくなる〜
運動などで代謝を上げると、糖分を分解して乳酸(疲労物質)が作られます。
運動の途中で水素水を飲むと乳酸の値が低くなり、疲れにくくなります。

 

■ 記憶力低下の抑制効果
水素は非常に小さいので、同じ抗酸化物質といわれるビタミンやポリフェノールが通りぬけられない「血液脳関門」を通過できます。
水素は脳の視床下部にある記憶を司る「海馬」の活性酸素を除去することができるので「アルツハイマー」「パーキンソン病」への応用が期待されています。

 

■ 血液をきれいにする
血管に「過酸化脂質」(=活性酸素)が蓄積されると、血液をドロドロにして、高血圧や脳梗塞の原因になります。水素水は「過酸化脂質」の生成を抑制して、血液をきれいにします。

 

■ 糖尿病に有効と期待されている
水素水がインスリンと同様な働きする、という論文が発表されました。糖尿病の治療に役立つのでは、と期待が高まっています。

 

■ 抗炎症作用、抗アレルギー作用
効果がわかりやすいため、水素発生入浴剤のレビュー記事で「効果があった」という感想が多く見られます。