活性酸素による酸化が病気・老化の原因

スポンサードリンク

活性酸素による酸化が病気・老化の原因

「活性酸素」とは呼吸により体内に取り込んだ酸素が、ちょっとしたきっかけで変身したものです。
少し難しい話になりますが、普通は酸素原子2個で安定している酸素分子が、電子を余計に取り込むことで不安定な「活性酸素」になります。
「活性酸素」は余計に取り込んだ電子の数の違いにより、いくつか種類がありますが、中でも最も攻撃的で毒性の強いのが「ヒドロキシルラジカル」です。

 

「活性酸素」が問題になるのは、(その不安定さのために)安定しようとしてまわりの安定した分子から電子を奪い取ってしまうことです。
電子を奪われた側は、不安定な状態になってしまいます。不安定になると、次にはまわりの安定した分子から電子を奪い、次々とこれが連鎖していきます。

 

電子を奪われることを「酸化」といいます。
リンゴの切り口が茶色に変色したり、鉄が錆びるのも「酸化」で、「活性酸素」は文字通り身体をサビさせてしまうのです。

 

例えば、身体のある細胞の分子が「活性酸素」に電子を奪われると、不安定になり正常な状態ではなくなってしまいます。不安定になったために安定しようと、周囲の細胞の分子から電子を奪うようになります。こうして連鎖的に多くの分子が不安定になります。

 

細胞の分子から始まったこうした連鎖が、次第に組織にまで拡がっていき不安定な状態になります。
又、細胞だけでなく、タンパク質や体内で生成された物質も活性酸素によって不安定になり、代謝機能がダメージを受けて、疾病の原因になります。
これが「老化や病気になるメカニズム」だということがわかってきました。

 

 

スポンサードリンク

活性酸素による酸化が病気・老化の原因関連ページ

「奇跡の水」は「天然水素水」だった
世界各地の「奇跡の水」でなぜ病気が治るのか、長い間「なぞ」でしたが、ようやく解明されました。それは「奇跡の水」は「抗酸化物質」の水素が豊富な「水素水」だったからなのです。
水素の抗酸化物質としての働きが「水素水の効果」をもたらす
水素水の効果とは、水素の「抗酸化物質」としての働きによるものです。