水素水の最新知識 アンチエイジング・美肌・抗活性酸素効果と活用法

「奇跡の水」は「天然水素水」だった

世界各地の「奇跡の水」でなぜ病気が治るのか、古今東西、長年さまざまな研究がされてきましたが、謎のままでした。しかし、この数年でその謎がようやく解明されました。
それは「奇跡の水」には【抗酸化作用】がある「水素」が多く含まれている、とわかったからです。人工的に水に高濃度の水素を溶かせば「奇跡の水」以上の効果がある、と、にわかに注目が集まっています。

 

一般に「水素水」とは水(H2O)に水素分子(H2)が豊富に含まれる水のことです。
天然水にも水素を多く含む水があり、それらの水は古来より病気を治す「奇跡の水」として知られていました。
世界的に見るとフランスの「ルルドの泉」やドイツの「ノルデナウの水」、メキシコの「トラコテの水」などが有名です。
日本国内では、大分県日田市の「日田天領水」があり、「ノルデナウの水」よりはるかに多い水素を含有しているそうです。

 

「奇跡の水」がなぜ病気を治せるのか、古今東西で長年研究されてきましたが、なかなかその根拠を特定することが出来ませんでした。しかし最近になって、 ようやく「奇跡の水」の秘密が明らかになりました。
それは急速な検査技術や医学の進展により、以下の3つが全て明らかになったからです。

 

  • 「活性酸素」があらゆる病気と老化の原因だ。
  • 水素には「活性酸素」を除去する「抗酸化作用」がある。
  • 「奇跡の水」には水素が多く含まれている。

 

ヒトの老化と病気に多大な影響を与えている「活性酸素」の存在すら解明されていない段階では、「奇跡の水」が病気を治せる根拠を知ることは出来なかったのです。

 

 

 

「奇跡の水」は「天然水素水」だった関連ページ

活性酸素による酸化が病気・老化の原因
「老化や病気になるメカニズム」の悪役は「活性酸素」
水素の抗酸化物質としての働きが「水素水の効果」をもたらす
水素水の効果とは、水素の「抗酸化物質」としての働きによるものです。