自分で水素水を作る方法

自分で水素水を作る方法

水素水は溶存水素が抜けてしまうのがネック。それなら自分で作ればいいのでは・・・と誰しも考えますよね。水素濃度は高くなくても、飲む量が増えれば摂取出来る水素も多くなります。自分でも出来る水素水の生成についてまとめました。

家庭でも水素水を作る方法は以下の方法があります。

  • 個体セラミック方式
  • 電気分解方式 A・Bの2タイプ

  * A・Bのちがいについては「水素水の製造法」で説明しています。

 

個体セラミック方式

マグネシウム・亜鉛・シリカ(二酸化ケイ素)・サンゴカルシウムなどのマズと反応して水素を発生する素材をケースに入れたものです。販売会社のデータによると、素材はいずれも食品として認可されたものです。

 

セラミック方式の一番のメリットはお手軽で安価なことです。
しかし、水素水の品質を考えると、いささか不安があります。
販売会社のデータが示されていますが、これは使い始めてすぐのものと思われます。
例えば使用期限が6ヶ月の製品の場合、次第に水素生成能力が落ちていき、6ヶ月くらいで生成できなくなるいうことだからです。時間経過と生成能力の変化についてのデータが示されていないのが不安ですね。

 

セラミック方式のものは、化学反応で出来た物質が水素発生素材の表面に付着するので、時々これを取り除く必要があります。このメンテナンスにより、水素生成能力がどの位回復するのか、これも不明です。

電気分解方式

自分で水素水を作る方法関連ページ

「奇跡の水」は「天然水素水」だった
世界各地の「奇跡の水」でなぜ病気が治るのか、長い間「なぞ」でしたが、ようやく解明されました。それは「奇跡の水」は「抗酸化物質」の水素が豊富な「水素水」だったからなのです。
活性酸素による酸化が病気・老化の原因
「老化や病気になるメカニズム」の悪役は「活性酸素」
水素の抗酸化物質としての働きが「水素水の効果」をもたらす
水素水の効果とは、水素の「抗酸化物質」としての働きによるものです。
水素水の製造法
高濃度に水素を溶かした水素水は、保存容器が重要なポイントです。
市販されている水素水の選び方
「はなまるマーケット」や「あの日に帰りたい」などの人気番組でも解説された「水素水の選び方」についてまとめました。
水素は安全?副作用はないの?
水素水の水素に不安があるかも知れませんが、水素水は安全で、身体に取り込んでも副作用もありません。