水素の抗酸化物質としての働きが「水素水の効果」をもたらす

水素の抗酸化物質としての働きが「水素水の効果」をもたらす

体内に「水素」を取り入れると、活性酸素が水素の電子を奪って水になります。
これで「活性酸素が除去される」のです。水素は「抗酸化物質」なのです。

 

2007年にネイチャーメディスン誌に掲載された、日本医科大学の太田成男教授の論文で

「水素は細胞障害性活性酵素のみに選択的に還元作用し、治療に有効な抗酸化剤として機能する。
水素ガスを含有した、水素豊富な水が活性酸素のひとつであるヒドロキシラジカルを選択的に消去する。」

ということが明らかにされました。
   * 活性酸素には悪玉と善玉があります。水素は悪玉の活性酸素だけに反応するのです。

 

又、太田教授は同じ論文の中で、水素ガスそのものを吸引させたマウスの脳梗塞が抑制されたことを明らかにしています。
この論文はそれまでの医学の常識からすぐには容認できない内容でしたが、有名な学術誌が掲載したことで、かなりのセンセーションを伴ってマスコミで取り上げられることになりました。

 

この「水素は悪玉の活性酸素だけに反応する」ということは、とりもなおさず「水素」には副作用がないということでもあります。
「活性酸素による酸化が病気・老化の原因」で書きましたが、多くの病気と老化に深く関わっている「活性酸素」を除去出来る、というのが「水素水」に含まれる「水素」の働きであり、これがこれまでの医療を一新するのではないか、と期待されている理由です。

 

病気治療としては水素水よりも、大量に水素を取り込める「水素吸引」という形になると思われますが、「水素水」のメリットはその手軽さにあります。
水素を水に混ぜただけ、という「水素水」は、取り扱いが簡単で、しかも安全です。気軽に日常生活に取り入れる事ができ、健康管理に大きく寄与すると思われます。

 

 

水素の抗酸化物質としての働きが「水素水の効果」をもたらす関連ページ

「奇跡の水」は「天然水素水」だった
世界各地の「奇跡の水」でなぜ病気が治るのか、長い間「なぞ」でしたが、ようやく解明されました。それは「奇跡の水」は「抗酸化物質」の水素が豊富な「水素水」だったからなのです。
活性酸素による酸化が病気・老化の原因
「老化や病気になるメカニズム」の悪役は「活性酸素」